人気の職業として必ず上げられるのが美容師(ヘアスタイリスト)。2019年の大人になったらなりたい職業ランキングでは過去最高6位にランクインしました。2000年初め頃にカリスマ美容師ブームが起きたのも覚えていらっしゃる方も多いでしょう。今ではブームも大分下火にはなりましたが、手に職をつけられる職業として、まだまだ手堅い人気を誇っています。美容師(スタイリスト)になるにはどうすればよいのでしょうか?

美容師になるには厚生労働大臣の許可を受けた美容専門学校に昼間2年間、通信だと3年間以上通い、所定の過程を修了し、美容師国家資格の受験資格を得なければなりません。試験合格後、サロンなどに就職という流れになります。そこで2~3年程度アシスタントとして修業をし、初めてスタイリストとしてデビューとなります。

しかしスタイリストとしてデビューしたからといって安泰ではありません。美容師資格はただの免許であって、実際の技術を磨いていくのは本人の努力次第です。求められるのは技術やセンス。テクニックの勉強、美的センス向上の為に美しいものに触れる等継続した努力が必要です。またお客様にヒアリングをし、どのようなスタイルを求めているか等、コミュニケーション能力が求められます。自身のスキルを向上させていく事ができる人が人気の美容師として生き残っていくことができるでしょう。