美容師として働くためには、国家試験である美容師免許という資格が必要です。美容師免許の試験は美容学校を卒業していないと受験資格が得られません。そのため、最初に「ヘアメイクスクール」などの学校に通いましょう。この時の、注意点は厚生労働大臣を認可を受けた学校を探すことです。ヘアメイクスクールの中には、厚生労働大臣の認可を受けていないところもあるので注意してください。

美容師免許を取るにあたり、学歴は問われませんし、年齢制限もありません。しかし、多くの美容学校は、高校卒業以上の人を受験資格に掲げているので、事実上、美容師になるためには高校卒業以上の学歴が求められることとなります。また、美容学校に通う期間は最低2年間ですので、18歳で高校を卒業したとすると、早くても20歳で資格が取れることになります。

美容師国家試験は、毎年2月と8月に実施されていて、多くの学生は美容学校在学中である2月に実技試験を受け、3月に筆記試験を受けることで、3月末に合格するというスケジュールです。美容系で働きたいと思う方は、リンパマッサージの学校も人気があり技術が身につくのでおすすめです。