国家資格不要のネイリストになるために必要な3つのこと

美容系の仕事として、ネイリストは国家資格がなくてもなれるため、誰でも目指せる敷居の低さが人気の1つと言えるでしょう。



しかし華やかなイメージだけが先行するとあとで「こんなはずじゃなかった」ということになることも。そんなことにならないために、ネイリストにとって必要なことをしっかりと理解しておくことが大切です。



まずは技術の習得です。資格が必要なく誰でもなれるとはいえ、一定の技術の習得は欠かせません。スクールや通信講座で学んだり、サロンで働きながら習得するのが一般的です。



次に日ごろから体調管理に気をつけて、体力をつけることです。座り仕事の多いネイリストですが、ファイリング(爪の長さを整える)や長さ出しなど時間がかかり、神経も使うので基礎体力が欠かせません。



そして最後にコミュニケーション能力です。お客様の要望を引き出したり、曖昧なイメージを明確にするにも、コミュニケーション能力が低いと難しいでしょう。



これらの点を意識しておくことで、理想的なネイリストに近づけるはずです。