ネイリストはお客様の爪を美しくする仕事です。ネイリストになるために資格は必要ありませんが、資格を持っていると就職に有利になると考えられます。また、資格取得のために勉強したことは仕事に活かすことができ、お客様に満足していただけるような仕事ができることでしょう。

ネイルの資格には、「ネイリスト技能検定試験」「ネイルサロン衛生管理士」「ネイルスペシャリスト技能検定試験」などがあります。

中でも有名なものはネイリスト技能検定試験で、一般的にはネイル検定として知られています。

ネイリスト技能検定試験には、3級から1級までがあります。1級に合格をするとトップレベルのネイリストとして認められます。

これらの資格の勉強方法には、独学で学ぶ、スクールに通う、通信講座を受けるといったものがあります。スクールでは実際にネイルを行うことができます。それぞれ予算が違い、スクールの場合は通う時間帯に決まりがあるので、学びやすい方法を選ぶとよいでしょう。